いつまでも 
忘れないつもりでいたのに
いつの間にか 貴方の笑顔さえ
思い出せなくなっている

“いつまでも” 
なんて錯覚だって
わかってはいたけど

“いつまでも”を 
夢見てた

目の前の貴方の顔から
笑いや 
輝きや 
優しさや
そういった大切な何かが
少しずつ
少しずつ
失くなってゆくのを見るのは
とても 悲しかった

それを
どうすることも
できなかった
Image186_edited