知り合ったのは春で
あなたは朝焼けのように爽やかだった
その頃はまだ大学生だった
お嫁さんになりたいと思った

雪解けのあと 桜が咲き
盆も過ぎれば 秋の風
誰かにときめいているうちに
時は流れてゆく

会えなくなった今は
春が来るたびにあなたを想う
不幸せなら会うのは辛い
幸せならばもっと会えない

雪解けのあと 桜が咲き
盆も過ぎれば 秋の風
誰かを見つめているうちに
時は流れてゆく

けれど
私はあなたを忘れない
幾つかの冬を越し
幾つもの春を迎え
たくさんの人が通り過ぎていった

それでもやっぱり
何があっても
私はあなたを忘れない

あなたが私を忘れても
私はあなたを忘れない

Imag211_edited